It always seems impossible until it’s done.

一眼レフカメラ達人への道

デジタル一眼

フィルターの種類と用途

更新日:

保護フィルターと表現を広げるフィルター

レンズの前に取り付けるレンズフィルターには大き分けて2種類があります。1つはレンズが傷つくのを防ぐレンズ保護フィルター。無色透明の薄いガラス板でできており、レンズに直接、ホコリやゴミ、水滴が付くのを防いでくれます。もう1つは、光の屈折を利用したり、色調を変えたり、光量を調整したりするなど、何らかの撮影効果が得られるフィルターです。なお、フィルター購入の際には、高性能なコーティングなどにより画像に影響を及ぼ す光の影響を最小限に抑えた「デジタル対応フィルター」がおすすめです。



レンズを守ってくれる

保護フィルター

フィルターの役割の1つはレンズ保護。撮影中、レンズに付く水滴やホコリなどから守ってくれるので、レンズの汚れを気にせず撮影に集中できる。また、レンズの前玉をぶつけた場合 でも、キズを防げる確率を増す効果もある。

写真の表現が広がる

フィルターのもう一つの役割は、被写体のイメージを深めたり、華やかにしたり、柔らかな雰囲気にしたりといった表現力をアップさせること。風景撮影ではPLフィルター、夜景撮影ではクロスフィルター、人物や花撮影ではソフトフィルターなど、特性を理解して使い分けてみよう。

 

反射を除いて色濃く写せる「PLフィルター」

PLフィルターでの撮影比較

反射を取り除くPLフィルターを使うと、被写体本来の深みのある色合いを出せる。ここでは田んぼに映った白い反射を抑えて、緑色の深さを表現できた。

シャッター速度を遅くできる「NDフィルター」

NDフィルターでの撮影比較

目で見える範囲の光を均等に吸収するよう設計されており、発色に影響を与えることなく、光量のみを少なくします例えば、赤の波長の光も青の波長の光も、「ND2フィルター」を通る際にはそれぞれ照射された光の半分がフィルターを透過して、カメラの撮像素子に届きます。このようにNDフィルターは、撮影対象の色を変えることなく、ただ光量だけを減らすことが可能なのです。

電飾をキラキラ写せる「クロスフィルター」

クロスフィルターでの撮影比較

雪の結晶を思わせる、六本線効果のクロスフィルター。 クロスフィルターは透明な光学ガラスの表面に細い線状のミゾが刻んであり、被写体の光輝部からの光が当たると光条が発生します。 風景撮影では、キラキラ光る水面の輝き、樹葉からもれる陽光、イルミネーションなど。

-デジタル一眼
-, , , , ,

Copyright© 一眼レフカメラ達人への道 , 2018 All Rights Reserved.