It always seems impossible until it’s done.

一眼レフカメラ達人への道

デジタル一眼

イメージセンサーとは?

更新日:

イメージセンサーって何?

イメージセンサー

イメージセンサーとは、レンズから入ってきた光を電気信号に変換する電子部品のことです。仕組みの違いで「CCD」と「CMOS」に分かれていますが、今の主流はCMOS。どちらも光の情報を記録可能な形式に変換するという意味では、フィルムカメラにおけるフィルムと同じような役割を果たしていると考えてよいでしょう。ちなみにイメージセンサー そのものはモノクロで、原色フィルターや補色フィルターなどを通すことで、色を再現することができる仕組みとなっています。



イメージセンサーの種類は

イメージセンサーの種類

イメージセンサーの大きさはさまざまで、統一された規格があるわけではありませんが、大別すると「APS-Cサイズ」、35mm判フィルムの撮影面積と同じ「フルサイズ」、オリンパスやパナソニックなどが採用している「フォーサーズ」や「マイクロフォーサーズ」、多くのコンパクトデジカメが採用している「1/2.3型」などに分けられます。同じ画素数(解像度)であれば、大きいセンサーのほうが、より高画質で撮影できるといわれていますが、実際は、画質には画素数の違いや画像処理の方法など、さまざまなことが影響するため、一概には言えません。一方で、 普及段階にあるフルサイズのセンサーは、製造コストがまだ高 めなため、搭載モデルも高価になっているなど、センサーサイズが大きなカメラほど高価になる傾向が見られます。


センサーの大きさによって何が違うの?

 

センサーの大きさによる違いでいちばん差が出るのは画質です。 画素数が同じなら、センサーが大きいほうがノイズも出にくく、階調豊かな写真が撮れます。このほか、レンズの焦点距離が同じ場合に写る範囲(画角)が変化します。同じレンズをフルサイズとAPS-Cサイズの一眼に付けた場合、センサーが小さいぶんAPS-Cサイズの一眼のほうが画角が狭くなります。その差を揃えるため「35mm判換算」という表記が用いられる場合があります。 これはフルサイズ機の画角を基準に、焦点距離で「●ミリ相当」と 表記します。一般にAPS-Cサイズのカメラにレンズを装着したときの画角は、焦点距離×1.5前後で算出でき、例えば、50ミリのレンズを装着すると、35mm判換算で焦点距離75ミリ相当です。

-デジタル一眼
-, , ,

Copyright© 一眼レフカメラ達人への道 , 2018 All Rights Reserved.