It always seems impossible until it’s done.

一眼レフカメラ達人への道

デジタル一眼

デジタル一眼の長所って何?

更新日:

拡張性が高く、使い込むほどに多彩な表現ができる

デジタル一眼の魅力や特徴を知るため、一般的なコンパクトデジカメと比較してみましょう。まず、デジタル一眼は撮像素子(センサー)のサイズが大きく、画質の面で優れています。これは撮像素子が大きいと、例え画素数が同じでもひとつひとつの画素のサイズが大きくなり、より多くの光を取り込めるから。そして、たくさんの光を取り込めれば、暗い場所での撮影などに重要な高感度での画質も有利になります。

さらにデジタル一眼は動作が非常に速く、テンポよく撮影することが可能です。オートフォーカス(AF)でピントを合わせ、シャッターを切るまでの動作が素早く行えるため、瞬間を逃さずにとらえることができます。連写速度も約5コマ/秒など比較的速い機種が多く、スポーツなどの動く被写体の撮影にも向いています。そして、レンズ交換が可能なことも魅力。レンズを交換することで、1台のカメラで広角から望遠まで、何通りもの撮影ができます。レンズマウントが同じなら、ボディを買い換えても、同じレンズをそのまま使い続けられます。



1画質が良く、背景をぼかしやすい

ぼかしの比較画像

標準的なコンパクトデジカメの撮像素子が 1/2.3型(約6.2× 4.6mm)なのに対し、一般的な デジタル一眼に使われているのはAPS-Cサイズ(22.3×14.9mmなど)です。撮像素子が大きいことで、画角(1枚に写る範囲)が同じなら、 背景がぼけやすくなります。また、画素数が同 じであれば1画素あたりの撮像素子の大きさが大きくなるため、色再現力などの面でも一眼のほうが有利となります。

暗い場所での撮影に強い!

光を電気信号に変えて撮影するデジタルカメラは、暗い場所での撮影では光 が少ないのでシャッター速度が遅くなり、被写体がぶれてしまう。これを救ってくれるのがISO感度。フラッシュでは、写りが不自然になったり、光が届かなかったりする場合もあるが、ISO感度を上げればシャッター速度が上がり、ぶらさずに手持ち撮影できる。高感度にしたときの画質も、センサーサイズが大きいデジタル一眼は、コンパクトデジカメに比べてノイズが少ない。



2レンズ交換ができるので多彩な表現が可能

レンズの写真

購入したばかりのときは、多くの場合セットで付いてきたレンズしかありませんが、 撮影するものに合わせてレンズを買い足していけば、写真表現のバリエーションを増やすことができます。

ただし、これら交換レンズは、マイクロフォーサーズなどを除いて各メーカー間の互換性がなく、同じメーカーでもマウントが違うと装着できないので注意しましょう。レンズの種類には、超広角や超望遠、大口径レンズ、マクロレンズ、またスナップに便利な薄型のレンズなどがあり、多彩な描写が可能です。

 

超広角レンズ

超広角レンズで撮影した写真

超望遠レンズ

超望遠レンズで撮影した写真

マクロレンズ

マクロレンズで撮影した写真



3レスポンスが良く、動く被写体が撮りやすい

カメラの動作がゆっくりしていると、シャッターチャンスを逃がしてしまいます。デジタル一眼は、オートフォーカスの動作性能に優れているばかりか、高速シャッターや連写モードに対応。さらにピントの追従性能も高く、動いているものを逃さずに捉えられます。また、ファインダー搭載タイプの一眼なら、動く被写体を追うときも構えが安定し、ブレを抑えることができます。

一眼は、オートフォーカスやシャッターのレスポンスが速い。走る犬のタイミングに合わせて瞬間を捉えることも容易だ。

-デジタル一眼
-, , , , , ,

Copyright© 一眼レフカメラ達人への道 , 2018 All Rights Reserved.